機関車の展示

機関車の豆知識

機関車の展示は国内の鉄道専門博物館を狙って

稼働状態であれ非稼働であれ、機関車の展示してある場所はそう多くはありません。
一般的には、国内にいくつか存在している鉄道系の博物館に出向くのが、最も身近に機関車を見る事が出来るチャンスと言えます。
数は決して多くありませんが、入場料はそう高く無い割に、保存状態が良く、内部の詳細まで細かに見学できる車両が揃った大型博物館もあり、一日掛けて見学するだけの価値がある充実した展示内容となっています。
稼働状態での展示なら、ターンテーブル付車庫を持つ蒸気機関車専門の博物館もあり、こちらは運が良ければ構内をゆっくり試運転する車両の迫力ある姿を間近に見るチャンスも生まれてきます。
もちろんこれらの時間帯は事前告知されているケースが普通で、見学の計画を立てるのであれば、これら試運転の時間帯を予め調べておき、無理無く見学可能なスケジュールに調整しておくのが良いでしょう。
また稼働状態であれば、実際に客車をけん引して走る特別列車の運行も定期的に行っており、これらの姿を見に行くのも楽しいものです。

機関車の展示について

機関車ファンの話題が大きくクローズアップされているのは、それだけ、多くのファンがいることをあらわしているといえます。
その人気ぶりには、定評があり、小さい子供はもとより、シニア世代の人にいたるまで、世代を超えての人気であります。
全国のさまざまな場所にある公園などにおいては、展示されている機関車がありますが、それをバックにして記念撮影をする人の姿も多くみられます。
言ってみれば、多くの人を呼び寄せるオブジェとして君臨しています。
機関車の燃料についても、時代の変化とともに、ディーゼルから電気、ハイブリッドと変わってきているのが現実であります。
世界的に叫ばれる省エネルギーや環境保護の流れを受けているといえます。
また、展示されているだけでも大きな存在感を見せていますが、旅客用と貨物用では、そのつくりが異なるという点も興味深いところであります。
今となっては、旅客用のものは、その姿を見ることは少なくなっており、ファンにとっては、寂しい限りといえます。


Favorite

Last update:2017/2/10

『機関車 展示』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/z6rlifm8/public_html/refinedsites.com/twitteroauth/tweet.php on line 136